学生時代の合コンとパパ活

学校だけでなくサークル、アルバイトやパパ活に忙しい学生。
週末には飲み会や合コン!という人も多いのではないでしょうか。
居酒屋やカラオケで盛り上がり、そのまま朝まで遊ぶのは学生ならではの合コンの楽しみ方です。
いつも顔を合わせているメンバーだけでなく、初めて会う異性も含めて飲むのは楽しいですよね。
そこから親しい友達や彼氏・彼女ができたり、また新しい輪が広がったりもします。

学生が合コンをするときは多くの場合、友達の紹介で開催されると思います。
高校の同級生やバイト先の友達、サークル仲間など大学生になると人脈も広がってきます。
友達を通じた合コンだと相手がどんな人なのかある程度を把握することができ、また気心の知れた友達の紹介ということで仲良くなりやすい傾向にあります。

合コンに興味がある学生の友達が周りにあまりいない場合もしくは周りの友達が出会いを必要としていない場合にはコンパのセッティングサービスを利用するという手もあります。
一人から参加できるため、気軽に空いた時間に出会いを見つけられるのが最大のメリットです。

合コンセッティングサービスの実態

学生は学業が本業とは言いますが、学生は出会いが沢山ある時期。
合コンも盛んに行われていますね。
学生のノリで合コンを楽しめるのは、学生のときだけですから、合コンを楽しみむのも学生生活ならではのことだと思います。

最近は、学生のための合コンセッティングサービスと言うものがあります。
これは、「合コンを開催したいけど相手メンバーがいない」とか「いろんな学生と会ってみたい」という学生のために、イベント企画会社が合コンのセッティングをしてくれるという便利なサービスです。

合コンセッティングサービスを利用するときは、インターネットから申し込みます。
相手を募集しているグループに合コンを申し込むことが出来るので、手軽です。
気になるグループに合コンを申し込んでOKの返事がもらえると、セッティング開始となります。
セッティングは主催する会社がやってくれますから、参加者は何もしなくても大丈夫です。
学生同士で盛り上がりましょう。

学生のためのセッティングサービスは、有効に利用することで人間関係の幅も広がります。
いろいろな学生と出会ってみたいという学生さんにはおすすめのサービスです。

ちなみに、合コンセッティングサービスは社会人向けのものもあります。

現代学生のコミュニケーションツールとは

コミュニケーションツールが溢れている現在では、
学生同士のコミュニケーションも変化しているようです。

携帯やスマホなどない時代は、入学式で知り合って、
それから仲良くなって、一緒のサークルに入ったり、同じ授業を取ったり、
コミュニケーションを広げていくものでした。
現在は、入学案内の中に学校側でコミュニケーションサイトを用意して、
そこにアクセスすることで、入学する前に友達を作って、
入学式は場所と時間を決めて待ち合わせをして一緒に入学式を受けるそうです。

しかし、そのサイトの存在に気付かないと、仲間が出来るまでに1年間かかってしまうそうです。
また、サイトで仲良くなった人とイマイチ気が合わないと思っても、抜け出すまでに1年間かかるんだそうです。

コミュニケーション障害とも言われているコミュニケーション能力の低さが問題視されている現在です。
その反面、合コンでコミュニケーションを広げようとしている人も多くいます。
人とのコミュニケーションが苦手だと思っている人は、
合コンを利用してみると、コミュニケーションをとるためのヒントが得られるかもしれません。

おすすめの記事