学生時代は成長のチャンス


同世代の友人に囲まれた学生生活は自分みがきにもうってつけの場です。
似たような環境にいながら自分よりも努力をしている人を見ると刺激を受けるはず。
また尊敬する先輩や教授などがいる場合には積極的にコミュニケーションをとって学ぶようにしましょう。

外見を磨きたい場合、あまり経済的に余裕がない学生さんはモニターなどになるのもおすすめです。
髪型を変えたいときにはカットモデルを募集している美容室を探したり、ネイルに凝りたい場合にはネイルモデルを探したりと様々な方法があります。

多くの人に接する学生時代は成長の絶好の機会でもあります。
毎日学校やアルバイトだけに励むのではなく、セミナーやサークル、ボランティアといった課外活動にも参加するようにしましょう。
頭が柔らかい学生のうちだからこそたくさんのことが吸収できるはずです。
学校の外で学んだことは身に付き、人として一回りも二回りも成長できます。

夏休みなどの長期の休みには旅行に行くのもおすすめ。
旅行は日常生活とは違う出会いがあります。
体力に自信がある学生さんは自転車で日本縦断、というのも素敵ですね。

アルバイトをしよう

学生は大学や短大、専門学校など学業が中心なのは当然ですが、
他にもサークルやアルバイトといった学生ならでは時間の使い方があります。
アルバイトは生活費・お小遣いを自分で稼ぐというだけでなく、
社会に出る前に経験を積んでおく大事なステップのひとつと言えます。
週末や講義のない日など、空いた時間を使ってアルバイトをすることで、
責任感や周りの人との協調性、目上の人との接し方などを学ぶことができます。
アルバイト経験がないままで就職すると学生時代との差の大きさにすぐ挫折してしまうことも。
学生のうちにアルバイトで就労することは、社会人になる前の準備段階として貴重な手段です。

アルバイトはネット検索や情報誌の他、大学の学生課などで募集していることもあります。
学生生活に響かない程度に、自分の興味のある分野のアルバイトをしてみるといいでしょう。

社会人の先輩の中には「学生時代はアルバイトに明け暮れた」という人も少なくありません。
あくまで学生としての本分を忘れず、適切に励むことが大切です。

学生は楽しむことから

合コンと一口に言っても集まる目的が異なると内容が大きく異なります。一番合コンの楽しさから程遠いと思われるのが、出会い目的の合コンですね。

この手の合コンの何が怖いかというと、友人が信用できなくなる、というところにあるのではないでしょうか。

楽しく飲んだりおしゃべりするつもりで来てみたら友人たちは皆目の色を変えて他の人を蹴り落とす勢いでお目当ての人物の取り合いに躍起になっている…なんて光景が広がっていたらどうでしょう。すぐにでも回れ右して帰りたくなりませんか?こ

れはお相手ゲットという目的にのみ目が行っているので、合コンという過程を楽しむ余裕はない訳です。

 

結婚などが視野に入ってくる社会人ならいざ知れず、学生の頃からそこまで肉食系に走らなくてもいいのではないでしょうか。学生という恋愛を純粋に楽しめる期間を、まずはしっかりと満喫してみるのはどうでしょう。相手の条件や年収という現実を加味した合コンはそれから体験するのでも遅くはないのではないでしょうか。